2006年04月25日

びみょう・・・

グレート・ギャツビー
フィツジェラルド
4102063013


野崎孝さんといえばサリンジャーの「ライ麦畑」の訳者として有名だけれども(私は原書でしか読んだことがない)それにしてもこの訳はどうなのかな、と思った。フィツジェラルドは長い間盲点になっていて、いつか読もう読もうと思い続けて今日やっと、読み終えるには読み終えた。でも、すーごーく読みにくかったというのが正直な感想。村上春樹氏は「ライ麦畑」の次にこれの翻訳を手がけ・・・たりはしないかな。

「過去はくりかえせない?」そんなことがあるかという調子で彼の声は大きくなった「もちろん、くりかえせますよ!」
という一文だって、日本語として不自然なつながりのせいで台無し。

それでも「わたしは、何もかも、前とまったく同じようにしてみせます」と断乎言い切るギャツビーに共感を通り越した同情を寄せてしまう。もう一度原文で読んだほうが、よさそう。

グレート・ギャツビー ペンギン・ミューズ・コレクション 原書で楽しむ英米文学シリーズ
F.Scott Fitzgerald
4925080539


posted by nadja. at 18:01| Comment(0) | 小説*海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。