2006年12月28日

美しいものづくりの国よ

Absolution
Muse
B0001LJC2K

さんざん迷ってお茶休憩はさむこと2回、結局妥協といえば妥協、でも妥当といえば妥当な線のデノンで手を打ちました。決め手はmade in Japan。美しいものづくりの国の伝統を証明してみせてくれぃ。

ケンは重症に陥る以前からMUSEとはめっぽう相性が悪く、機嫌の良いときにたまーに読んでくれるくらいでした。特にabsolutionは最初の2、3回読んでくれたっきりなので、久しぶりにちゃんと聞いた気になれました。「Butterflies&Hurricanes」なんてもう、別の曲やね。あんなにいろんな音がいっぱい鳴ってるとは今日の今日まで知りませんでした。

とはいえいざケンとお別れするとなるとものすごく寂しいのです。おまえなんかとっとと捨ててやるのだといきまいておりましたが、そこはやっぱり4つそろってのSG7シリーズ、CDプレーヤーいっこでアンプ+MDより横幅も厚みも奥行きもあるという図体のでっかいデンをつないでみればやはり均衡は取れていず、なんとなく皆が皆こころもとなさげで、この子はこの子で修理してあげようかなぁいつか余裕のあるときに、などと思っていたりもするのでしたって今までさんざん泣かされてきたくせに苦しめられてきたくせにNINAさんの新しいのだって一度も読み取らなかったようなケンなのに甘いわ甘すぎるわ、けーっ。


posted by nadja. at 00:00| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。