2005年03月27日

こーんな女にだーれがしたー

05032703.F1000181.JPG

もうすぐ日付が変わろうか、という時刻の出来事でした。ああーまたアホ猫ども走り回ってるなー、と思いながらもシャノンさんの真っ暗アンコク世界にゆったり身を委ねていたとき

ぐわしゃーん なのか どしゃーん なのか ずどどどどどー なのか

もう忘れましたけどなんせまだ転倒防止の金具を取り付けてなかった新しい本棚が倒れましてこの有様ですよ、

そりゃーもうふてくされて「昭和享年」も聞きますよ、在庫切れになってるね、ヨ、どうもありがとう。お店で働いていたとき、オジサマたちのリクエストに答えて「五番街のマリー」とか「別れの朝」とか歌わされたものです。でも私は「アカシアの雨がやむとき」が好きで、本当に好きで、へべれけに酔ったときなどに「好きなもの歌わせて」と言っては「このまま死んでしまいたい〜」と泣いてたそうです、そんなホステスはいまどき流行らないらしく「星の流れに」を歌ったときにはママさんにも「やめてちょうだいそんな歌」と怒られました。

「こーんな女にだーれがしたー」

こんなインパクトのある歌詞、もう出てきません。

こんなインパクトのある部屋、もう二度と見たくありません。


posted by nadja. at 03:30| etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。