2009年01月23日

ゼラニウム

ゼラニウム
堀江 敏幸
4022577029

短編集。アルクィユにかかる水道橋でのぼんやりした回想形式で書かれた「薔薇のある墓地」が良かった。冒頭、どこまでもどこまでも続いていく長い一文に度肝を抜かれ、よ、よみにくい、と絶句するも2、3ページ読み進むと慣れた。他5編はどれも唐突な終わりが余韻を残す。同じ学者さんの小説でも松浦寿輝のずぶずぶ世界より健やかな感じ。お休みの日などにぼおっと読むと優雅な時間が味わえると思う。無性にフランスに行きたくなる(笑)。
posted by nadja. at 21:44| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。