2009年01月04日

旅をする裸の眼

旅をする裸の眼 (講談社文庫)
多和田 葉子
406275942X

こちらも購入。とある映画女優をめぐり、ヴェトナムからベルリン、そうしてパリへ、ひとつの眼が旅を続けていく。各章のタイトルは全部、とある映画女優の出演作品。いくつか見た映画もあるけど、映画の筋書きと、この裸の眼の物語が渾然一体となって、どこにもない時空間を紙の上の表出させている。なんだかもう、ごめんなさい、という感じ。
posted by nadja. at 21:04| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。