2008年09月29日

悪夢。

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)
マーガレット・アトウッド 斎藤 英治
4151200118

ディストピア小説が好きです。何かいいのがあったら教えてください。

近未来、ギレアデ。放射能や化学物質に汚染され、キリスト教原理主義に基づく徹底したバースコントロールが実施されている。ザミャーチン『われら』よりもハックスリー『素晴らしい新世界』よりもオーウェル『1984』よりもなまなましく怖いのは、そのバースコントロールが「侍女」という生身の女の身体を用いて行われているからで、しかもアトウッドはあからさまに悪意をこめて、そのグロテスクな「儀式」の様子を描く。妻は足を開いて横たわり、その足のあいだに侍女をはさみ、侍女の腕を押さえつける。そうして夫である司令官は、まるで妻と交わるかのように、侍女と交わる。産めない妻の屈辱と、産める侍女の屈辱が交錯する。いや、司令官の屈辱もまた。要するに、誰もがみな屈辱を味わっている。しかしいったい、何のために。

さらにこの物語の場合、侍女が「昔」を覚えているからさらに怖い。あくまでこの物語は、「ギレアデ初期」の物語なのだ。そのすぐ以前には、普通の暮らしがあった。愛する人がいて、愛する娘がいる普通の暮らし。悪夢は突然にやってきた。侍女は夜になるたびに普通の暮らしを思い出す。そして比較する。残酷な設定である。

リアリティはさほどないけれど、この意地の悪さは直接、今、この世界の滑稽さ、異常さも抉りだす。最終章の仕掛けも含めて、まるで先の読めない悪夢が次々に展開する。読み応えのある物語だった。
posted by nadja. at 23:33| 小説*海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。