2009年01月25日

恋愛太平記

恋愛太平記〈1〉〈2〉/金井美恵子(集英社文庫)
恋愛太平記〈1〉 (集英社文庫) 恋愛太平記〈2〉 (集英社文庫)

たまたま紀伊国屋に寄ったときに復刊がフォーカスされていたのでつい買ってしまう。これこそが金井美恵子の「饒舌体」であります。噂話は楽しいのだ! それこそ近所のおばちゃんたちがあーでもないこーでもないとだらだらだらだらしゃべっているのをそのまんま文章にしたような、何々してたら誰々がどうこう言うものだからこれこれしようと思ったときに誰々から電話がかかってきてそのあと誰々とどこどこで会ってうんぬんかんぬんといった調子で文庫本2冊! 楽しくて楽しくてこのまんま永遠に読んでいたい。で、それで、今朝子ちゃんは、夕香ちゃんは何をしてるんだろう? とこの人たちのお話に混ぜてもらいたいような気さえする。
posted by nadja. at 14:52| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

ゼラニウム

ゼラニウム
堀江 敏幸
4022577029

短編集。アルクィユにかかる水道橋でのぼんやりした回想形式で書かれた「薔薇のある墓地」が良かった。冒頭、どこまでもどこまでも続いていく長い一文に度肝を抜かれ、よ、よみにくい、と絶句するも2、3ページ読み進むと慣れた。他5編はどれも唐突な終わりが余韻を残す。同じ学者さんの小説でも松浦寿輝のずぶずぶ世界より健やかな感じ。お休みの日などにぼおっと読むと優雅な時間が味わえると思う。無性にフランスに行きたくなる(笑)。
posted by nadja. at 21:44| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

ソラリス

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
スタニスワフ・レム 沼野 充義
4336045011

同じく『百年の誤読』をぱらぱらしていて、あ、これも読んでないなあ、と。タルコフスキーの映画は観たけどぼんやり白い印象しかない。で読後感としてはやっぱり映画より、文章のほうが良い。ソラリス学の展開を読んでいてこれまでやりすぎなんじゃないの? と敬遠していた『虚数』や『完全な真空』を読んでみたくなった。巻末の解説で、ソダーバーグのラブ・ストーリーでもタルコフスキーの懐かしさでもない、とレム自身が否定していた。たしかに、ソラリスの海とは「人間」という尺度を拒否する得体の知れない何かでしかなく、人間形態主義的な解釈の方法では太刀打ちできない存在をめぐる葛藤こそがテーマであったように思う。たぶん映像では表現することのできない、認識論的な話。いささか唐突に提示される「欠陥をもった神」というソラリスの海の一解釈を毅然と引き受ける主人公の姿勢がなぜかとても美しいものに思えた。
posted by nadja. at 01:55| SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

セラフィタ氏

セラフィタ氏
柴田 千晶
4783730539

現代詩手帖の「現代詩年鑑2009」を読んでいて気になったものだから。安い性愛。薄い幻想。こんなものに頼らねばならぬほど、わたしたちは(わたしにはこの詩の主体に自分を重ねる資格がある、VDT作業は一時間までとする…)からからに乾いているのか。

虚無の穴いくつもありて快楽の穴にも虚無が充填される

からみつくように差し挟まれる短歌。

(キットアナタハ今以上、モット孤独ニ
 モット独リニナレルデショウ)

このからからに乾いた質感と、はしたない欲情とが危ういバランスを保ちながらセラフィタ氏とのやりとりはすすみ、そして次第に世界の箍が外れていく。それはいいのだけれど、とてもいいのだけれど、収斂していく最後の叫びがあまりにも凡庸で、ああ、これが現実か、と、わたしたちの救済はそこにしかないのか、と、溜め息をついた。
posted by nadja. at 02:15| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ご挨拶

そういうわけで、冬籠もりしていた間に観たり読んだりしたものをメモ書き程度にざーっと連ねてみました(日付は適当)。なんといっても寒いので、寒くて寒くてたまらないので、PC打つのも面倒な今日この頃ですが、そろそろ起きてみようかな、と思った次第。今年もよろしく。
posted by nadja. at 03:09| etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

海に落とした名前

海に落とした名前
多和田 葉子
4104361038

短編(中編、かな)4つ。どれもシンプルな物語で、『飛魂』や『聖女伝説』、『変身のためのオピウム』を経たあとでは物足りない、と感じてしまうが「U.S+S.R 極東欧のサウナ」は明確な骨子をもたない作品ながら、ひとつの文がa)b)c)という具合に複数の可能性を提示しながら展開していく、という「反小説」で、なんとなく、この人のものの書き方というものが、ほんの少しだけ分かったような、分からないようなで、興味深かった。
posted by nadja. at 21:42| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

聖女伝説

聖女伝説
多和田 葉子
4872332857

そしてさらにさらに多和田葉子。これはもう、残り三分の一あたりからあっけにとられるしかなくなる展開で、薄笑いさえ浮かんできた。ひとりの作家の作品をこれほどまとめて一気に読んだことはなかったのではないだろうか。でも、何作読んでも、この人の核になにがあるのか読めない。なんだかもう、ひれ伏してもかまわない、という感じ。
posted by nadja. at 20:07| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

野性の呼び声

野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)
ジャック・ロンドン 深町 眞理子
4334751385

こないだ『百年の誤読』をぱらぱら読んでいたときにああ、そういえばこれ読んでないな、と思い、お気に入りの新訳文庫で読んでみることに。『ベルカ、吠えないのか?』が良かった人は是非、って書いてあったし。バックという名のセントバーナードとシェパードの血を引く犬がゴールドラッシュ時の極寒地帯で荒々しく、逞しく、生き抜いていく様が描かれる。わたしは犬より猫、なのだけれど、こういうのを読むと犬という生き物がほんとうに畏れ多いものに見えてくる。誇り高く、気高い、不可侵の存在。猫はそこまでじゃあ、ないものね。実家に『白い牙』が未読のまま、15年くらい眠っている(…)。
posted by nadja. at 21:45| 小説*海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

大丈夫であるように

@梅田ガーデンシネマ。こんなCoccoは知らない。こんな神々しい、聖女のようなCoccoは。実際『焼け野が原』以降のCoccoをほんとうに知らなかったのだけれど、日本中の傷跡を一身に引き受けて、痛ましいまでにがりがりに痩せ、それでいて無限に優しい歌(『ジュゴンの見える丘』という歌をこの映画ではじめて聴いたけど、あれが本当に『けもの道』みたいな歌を歌ってた人と同じ人が歌っている歌なのだろうか??)を歌うCoccoはもうどこかシモーヌ・ヴェイユを思わせる域にまでたどり着いてしまっていて、ただただ驚いたのだった。10代の頃はみんな死ぬのが好き、25のおばさんになるまでに死にたいと思ってる、でも、今は生きることに興味がある、と言うCoccoはいつしか人の親となり、こんなCoccoは知らないと戸惑うわたしを置き去りにして、美しく微笑んでいた。
posted by nadja. at 23:51| film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

変身のためのオピウム

変身のためのオピウム
多和田 葉子
4062108518

そしてさらに多和田葉子。22人の美しい名を持つ神話の女たちが少しずつ重なり合いながら詩的な世界を紡いでいく。なんだかもう、いったい、どこまで? という感じ。絶版になってるけどこれはちゃんと手元に置いて何度でも読み返したい。
posted by nadja. at 22:18| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

ピアノチューナー・オブ・アースクエイク

そして今年1本目の映画はクエイ兄弟+テリー・ギリアムの『ピアノチューナー・オブ・アースクエイク』。あやうく見逃すところだったのを滑り込みでシネ・ヌーヴォのレイトショーへ。ビオイ・カサーレス『モレルの発明』とレーモン・ルーセルの『ロクス・ソルス』が一緒になったらこうなるしかないよな、の幻想世界が爆発。マルヴィーナが夢のように美しく、永遠に反復されるのであろうラストシーンは『モレルの発明』のもの悲しさを見事に表現していて、大満足。でも前に座っていたふたり組の女の子は終わった瞬間に「訳わかんない」と言ってた(笑)。同じく『モレルの発明』を下敷きにしたアラン・レネの『去年マリエンバートで』ほどは、訳わかんなくないと思う。
posted by nadja. at 23:21| film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

紫苑物語

紫苑物語 (講談社文芸文庫)
石川 淳
406196044X

『飛魂』のアマゾンレビューにあがっていたので、お勉強熱心なものだからさっそく借りてみる。うわ、ふるめかしい古文調だ、と顔を顰めたのもつかの間、物語じたいの持つ引力がすごくて途中でやめられなくなる。わたしにとってはまったく新しいジャンル。表題作よりも「八幡縁起」が良かった。
posted by nadja. at 21:51| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

二〇〇二年のスロウ・ボート

二〇〇二年のスロウ・ボート (文春文庫 (ふ25-1))
古川 日出男
4167679744

村上春樹の『中国行きのスロウ・ボート』を読んでいないのでリミックス作品、といわれてもどこがどうミックスされているのか分からないのだけれど、これはこれで独特の軽さ/リズム/衝動があり、この人の書いたものももっと読んでみたい、と思った。なにせ『ベルカ、吠えないのか?』は昨年読んだもののなかでは10本の指に絶対入る。なんだかんだいって、私たち、好むと好まざるとにかかわらず、みな村上春樹の影響下に置かれているということ。
posted by nadja. at 22:39| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

旅をする裸の眼

旅をする裸の眼 (講談社文庫)
多和田 葉子
406275942X

こちらも購入。とある映画女優をめぐり、ヴェトナムからベルリン、そうしてパリへ、ひとつの眼が旅を続けていく。各章のタイトルは全部、とある映画女優の出演作品。いくつか見た映画もあるけど、映画の筋書きと、この裸の眼の物語が渾然一体となって、どこにもない時空間を紙の上の表出させている。なんだかもう、ごめんなさい、という感じ。
posted by nadja. at 21:04| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

犬婿入り

犬婿入り (講談社文庫)
多和田 葉子
4062639106

これは文庫になっているので購入。表題作のほうはちょっと金井美恵子を思わせるようなひねくれた文体だった。たぶん多和田作品のなかでは一番有名なのだろうけれど、あまりピンとこず。私自身、ユーモアのセンスが欠如しているもので。
posted by nadja. at 14:20| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

飛魂

飛魂
多和田 葉子
406209150X

だから早速図書館に行って目に付いた本を片っ端から借りて読むことにした。そうしたら、もう、最初の1ページを読んだ段階で、これこそ、わたしがずっと読みたいと思っていた本だ、と思ったのだった。

「ある日、目を覚ますと、君の枕元には虎が一頭、立っているだろう。」

完璧な書き出し。読み終えるのがもったいなくて、身体が震えた。
posted by nadja. at 11:23| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

ゴットハルト鉄道

ゴットハルト鉄道 (講談社文芸文庫)
多和田 葉子
4061984020

不幸にも多和田葉子は河出文庫の『文字移植』しか読んだことがなく、たまたま気まぐれで読んでみたら表題作よりも「無精卵」のものすごい展開にうちのめされて、これまでわたしはいったい何を読んできたのだろうか、と頭をかかえ、そのうえこれまでわたしはいったい何を書いてきたのだろうか、と失語症に陥ってしまったのだった。
posted by nadja. at 23:01| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。