2007年07月30日

触れられない

なにもしてない
笙野 頼子
406263158X

痛々しくもあっぱれな執念である、などと的外れな感想を持った。現実に「触れられない」ことを見事に表現する、腫れあがっていく手指の描写が凄い。その腫れや赤みが引いたところで後半部分は筆が鈍っていくのは、やはり、強烈な自閉感や閉塞があってこそ、ということか。『イセ市、ハルチ』のほうは鬱積したものを一斉に解き放つかのようなストレートな表現が意外だった。後の作品ではこうはいかない。
posted by nadja. at 01:05| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

そういえばよく眠っていた

小春日和(インディアン・サマー)
金井 美恵子
4309405711

『噂の娘』は途中リタイアしたのだった。小学生の視点がぐねぐねしている、というのがどうにも無理がある気がして。今回は19歳の視点であるのであんまり違和感もなかった。この人の意地の悪さが好きだ。

19歳や20歳のころっていったい何をしていたんだろうか。たしかによく眠っていた気がする。ぼんやりぼんやり、大学に行ったり、行かなかったりして、若さと未熟さをもてあまして、何もしたくない、とアンニュイを気取ってみせながらも実は何をしたら良いのかが分からなかったものだから、眠っていたのだろう。思い出せることがあまりない。やっとのことで思い出すとたいてい恥ずかしいことばかりなので、自分でも出来るだけ思い出さないように規制をかけているのかもしれない。

あれは多分小春日和と呼ぶにふさわしい日々だった。80年代と90年代ではもちろん空気が異なるが、読んでいてとても懐かしい気がした。勇気を出して思い出してみようか、という気にもなった。
posted by nadja. at 02:58| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

変だけど

一人の男が飛行機から飛び降りる
バリー ユアグロー Barry Yourgrau 柴田 元幸
4102209115

ここ数日眠る前にちょびちょび読んでいた。どれをとっても変な話ばっかりで、おかげさまで夢がねじれてこじれてえらいことになった。表題になっている「一人の男が飛行機から飛び降りる」をとってみるとして、さてそのあと、男は猛烈な勢いで地面に叩きつけられても良いわけだしラバーのような雲の上でトランポリンをしても良いわけだしその背中には巨大なパラシュートを背負っていても良いわけだし一人の女がそのあとを追って飛行機から飛び降りても良いわけだし別に女でなくても犬でも猫でもカエルでもかまわないわけだし、なんというかすべてがそういう具合の一瞬の適当な思い付きを連ねて書かれているだけのような気もするのだけれども絶妙に奇妙な物語に仕上がっているところがすごい。誰にでも書けそうで、だからといって真似てみようとしてもなかなかこうはうまくできない。文頭の一文だけをとって思いつくままに適当にキーボードの上で手を動かし、できあがったものの文末の一文を比べてみると多分ものすごく面白いことになると思う。想像力が硬化してきた頃に読むと効きそう。
posted by nadja. at 00:02| 小説*海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

アイヨク?

溺レる
川上 弘美
4167631024

アイヨクは正しく愛欲であるべきだ、と感じるのはダメだろうか? のらりくらりとした文体はおそらく意識的なものであろうし、確定的なことを決して書こうとしないのも戦略的なものなのだろう、ということは分かるが、こうまで微温的な世界は個人的な感想として好きではないのだった。
posted by nadja. at 23:29| 小説*日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

竹本健治三冊

囲碁殺人事件 (創元推理文庫) 将棋殺人事件 トランプ殺人事件

『ウロボロスの偽書』を読むために。囲碁も将棋もコントラクト・ブリッジもまったく分からないのでいまいち分かった感はしないがまあ、面白かった。失読症と、統合失調と、それから虚構(理論)と。そんなのをネタにもってくるなんてまったくもって反則技だが、トランプ〜はよく消化されていてにんまりした。クリスティやヴァン・ダインも大好きだけれどこんな反則ミステリも好き。
posted by nadja. at 00:52| ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

やっと読めた…

ガラパゴスの箱舟
カート ヴォネガット Kurt Vonnegut 浅倉 久志
4150111189

なかなか落ち着かない日々なので読書もたらたらと。何冊か読みかけたけど、どうも没頭できなくて途中で投げ出してしまった、でもこれは大丈夫。

とにかく人類の100万年後の姿、はあんまり書かれていないのだけれど、とにかく100万年後の人類の礎石となる人々を独特の、細部にわたる設定から丹念に描いた、とにかく面白い一冊。既読のヴォネガット作品の中では『猫のゆりかご』『タイタンの妖女』に続いて第三位、にランクイン。まだ『チャンピオンたちの朝食』を読んでいないので暫定だけど。

人類の営みのバカっぽさ(そしていとおしさ)を描き出すには、重厚な哲学用語も深遠な教義も必要なくて、突拍子もない(むちゃくちゃともいう)発想とひとつまみ、ふたつまみ?それともわしづかみ?のユーモア、があれば十分である、と思った。「せがれよ、この呪われた船の乗客とおなじように、人類は海図も羅針儀も持たない船長たちに導かれ、その船長たちは、重要な問題などほったらかしで、自分の自尊心をいかに守るかにきゅうきゅうとして、一瞬一瞬を過ごしているだけなんだ」(p.325-356)、という一節に対しておお、これぞ世界は神に見捨てられ、盲目のデミウルゴスに支配されている、とするグノーシス主義的な世界観である、などと云々することももちろん可能だが、そんなことをするヒマがあるならヴォネガットのほかの作品を読んだほうがよさそうである。アオアシカツオドリの求愛のダンスは多分どんな哲学書にもでてこないわけだし。
posted by nadja. at 00:19| SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。